私は現在医療関係の事務の仕事をしています。

職場までは、片道9kmあり毎日車で通勤しています。

以前までは、街乗りで燃費が6km/Lのスポーツカーに乗っていましたが、維持することが難しく、5年ほど前に中古でプリウス20系を購入しました。

年式は2007年、型式はDAA-NHW20・グレードはGツーリングセレクションというものでした。

それほど、車に対して知識がなかったこともあり店員さんのおすすめを購入しました。

中古車でしたが3万kmほどしか走っておらず、価格も発売当初の価格の半分以下で購入することができました。

実際の燃費ですが、走った距離とその時のコンディションにより上下がありますが、街乗りに使用して入る際、夏場であれば20~22km/Lほど走ります。

冬場だとスタッドレスタイヤを履いていることもあり14~16km/Lまで燃費が悪くなってしまいます。

高速道路を走ることはあまりありませんが、夏場の高速道路では22km/L、冬場だと18km/Lとそれほど街乗りと大差がありません。

私は主に片道7kmの通勤にプリウスを使用していますが、燃費は夏場が20km/L、冬場14km/Lです。

トヨタのプリウスのページなどを見るとプリウス20系は燃費30kmと記載されていますが、実際にはその2/3ほどの燃費ですので、若干話が違うのではないかと感じていますが、以前乗っていた車や他の車に比べるとやはり燃費が良いこと、また職場から毎月6000円の交通費が支給されるのですが、通勤だけであれば月に4000円ほどで済むので非常に満足しています。

また、少しでも燃費を良くするため運転の方法を工夫しています。

発信する際急にアクセルを踏むのではなく、徐々にアクセルを踏み込んでいってスピードを上げること、ただある程度のスピードになるまではアクセルを踏み込み続けています。

そして、自分の走行したいスピードまで上がったら、一度アクセルを緩めます。

そして、かるくアクセルを踏みます。この動作によって、燃料を使う系統から電気で車を走らせる系統に切り替わります。

また、モニターで今現在燃料を使っているのか電気で走っているのか確認することもできるので確認し、なるべく電気の力で走行するようにしています。

また、電気を貯めるのがアクセルを踏んでいないで進んでいるときなので、止まる際も制動距離を長くとり、急ブレーキで止まることをさけています。

また、車の中に色々と積むと重量が増し燃費が悪くなってしまうので、車の中には必要最低限のモノしか積まないようにしています。