車を所有している方ならご存知であるカーフィルムですが、怖そうな車やドレスアップしている車に貼られているというようなイメージの方が多いのではないでしょうか。

もちろんドレスアップにも用いられますがそれだけではなく本来は紫外線等をカットしてドライブを快適にするための商品なんです。

「カーフィルムを貼ってみたいけどわからなくて不安」という方もカー用品店大手のオートバックスならニーズに合わせた商品ラインナップが豊富にあり、さらに施工まで行っているので初めての方でも安心です。

そこでメリットやデメリットと併せてオートバックスのカーフィルム施工について説明していきます。

オートバックスのカーフィルム施工の料金は?

オートバックスではお客様にニーズに合わせた様々な種類のカーフィルムがあるため、種類や車種によって値段は異なります。

ある一つの店舗を例にとりますと、標準的なもの、低価格を重視したもの、断熱効果があるもの、ミラータイプと呼ばれる断熱効果と金属フィルムの色合いになっているものと分かれており、それぞれ価格や効果、見た目が異なります。

料金としては、

  • 軽自動車(ムーブ等)は約20,000〜25,000円
  • ミニバン(WISH等)は約20,000〜30,000円
  • ワゴン、国産セダン(エスティマ、クラウン等)は約25,000円〜40,000円
  • 外車セダン(アウディ、BMW)は約30,000円〜43,000円

上記は税抜き価格でリア3面以上カーフィルムを貼る場合のカーフィルムと施工料金を含んだ金額となっています。

また、運転席と助手席は安全上カーフィルムの施工は行っておらず、他にも可視光線透過率70%以上を確保しなければならないなど、施工には条件があります。

こちらはあくまで一例ですので店舗によっては各店舗独自のサービスを行っている可能性があります。

オートバックスでカーフィルムを貼るデメリットは?

オートバックスにカーフィルム施工を依頼する一番のデメリットは価格です。

オートバックスに限らず全てのカー用品店で施工を依頼する上でのデメリットです。

意外と知られていないのが、オートバックスやイエローハット等でカーフィルムを頼むと、外注のカーフィルム業者に依頼している店舗が結構あります。

どういう事かというと、予約だけ受けて外注業者に頼んでマージンを取るという事です。

なので、実際はカーフィルム業者に直で頼んだ方が安くすみます。

店舗によってはオートバックスの社員の方が貼っている店舗もあるので金額等を調べてみる事をおすすめします。



↓こちらのお店はカーフィルムが安いです!
カーフィルムのキャンペーン中!



オートバックスでカーフィルムを貼るメリットは?

カーフィルムを貼るということ自体のメリットと併せて説明します。

ドレスアップ、外から見られることを防ぐ

ドレスアップとしてカーフィルムを利用している方は多いです。

車体のパーツなどをいじらずに愛車を格好良く見せることができますし、車を部屋のようなプライベート空間としている方は外からの視線が気にならなくなるというのは利点です。

断熱・UVカット効果

カーフィルムを貼る最大の利点です。

近年温暖化の影響で、夏の気温の高さは苛烈になっていく一方であり、車内における熱中症の危険も増すばかりです。

断熱効果のあるカーフィルムを使用すれば、クーラーの冷却効果を高めることができます。

また、多くのカーフィルムにはUVカット効果があり、車内に降り注ぐ紫外線を防ぐことができます。

UVカットというと肌の日焼け防止しか効果がないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は日焼けするのは人間だけではありません。

車内の内装も日焼けしてしまうので、UVカット効果のあるカーフィルムを使用することで車内の内装の寿命を延ばすことができます。

交通事故時の二次被害を防ぐ

カーフィルムと交通事故は一見共通点がなさそうですが、カーフィルムを貼っておくことで交通事故時におけるリアガラスの飛散を防ぐことができます。

構造上、リア・サイドのガラスはフロントガラスに比べて割れやすく作られています。

これはフロントガラスには事故の時に搭乗者がフロントガラスを破って飛び出してしまうことを防ぐために合わせガラスを採用していることが理由ですがリアやサイドには合わせガラスが採用されていないんです。

ですので、衝撃があった場合に粉々になり、二次被害としてガラスで怪我をする場合がありますが、カーフィルムを貼っておくことによりガラスの飛散を防ぐことができるメリットがあります。

オートバックスでは熟練のスタッフが担当してくれる

デメリットでお伝えした外注業者に頼んでない店舗であれば、熟練のスタッフが施工を行います。

オートバックスでは通販でカーフィルムを購入することができますが、その際お持ちの車のガラスサイズに合わせてカットをしてくれるサービスや万が一自分で行って失敗した場合に同じ商品を特別価格で販売してくれる失敗安心サービスがあるのもメリットです。

ですが、やはり自分で行うリスクはあるのでカーフィルムはプロの専門店やオートバックス等のカー用品店でお願いするのがおすすめです。

オートバックスのカーフィルムの口コミ

直接専門業者に頼んだ方が良かった

23歳の男性ですが、先日愛車である2017年式brzにカーフィルムを貼りました。

近所にあるオートバックスに行き、店員さんと相談した結果、これから年々厳しくなっていくであろう夏の暑さに私が耐えられるよう、カーフィルムには断熱フィルムを選択することとしました。

色はクリアで視界が悪くなることは無さそうなのが決め手でした。

料金は3万4千円ほどでした。

頼んだ時は、初めての経験のため、この価格が安いのか高いのかはよく分かっていませんでした。

仕上がりはプロの手によるものだけあって、素晴らしい出来栄えでした。

帰りに車を運転した際も特に違和感を感じることなく、私としてはかなり満足していました。

オートバックスでは、お店の方に各種フィルムの特徴や料金の違いを丁寧に教えていただきました。

それでいて施工もスピーディーで素晴らしかったです。

また機会があれば利用してみたいと思っていたのですが、先日カーフィルムの施工をお願いしたオートバックスに行ったら、カーフィルムの施工の作業をしているのが、外注の業者が作業をしているのを見ました。

施工はオートバックスがやってると思っていたのですが、店員さんに聞いたら外注に頼んでいるとの事でした。

残念だったのが、ネットで調べたら、カーフィルムの業者に直接頼んだ方が1万円近く安かった事です。

ディーラーと一緒で、外注に作業を依頼して、マージンを貰うという事だと思います。

プロが作業をしていたので、仕上がりが綺麗だったのが、なるほどと思いました。

調べないで頼んだ私が悪いので、何も言いませんでしたが、次からは直接カーフィルムの業者に頼もうと思いました。

ネットで調べるとカーフィルムの専門業者がたくさんあるのを今回知ったので、次からは事前に調べてから頼みます。

値段以外は満足

私は仕事は建設業で良く車を使います。

車には常に仕事の道具や工具など沢山積んでいるので、フィルムを貼る事にしました。

外から車内を見えなくしたかった為一番暗いダークブラックにしました。

オートバックスの店員さんにも相談して親切に色々相談に乗って悩みに悩んでやっとで決められました。

値段は3万円5千円前後でした。

値段は以外とするな~という感じでした。

私は年齢が31歳であまりガラスの色を暗くしてもチャラく見えないか心配だったけど出来栄えを見て安心しました。

いざ色も決まり施工をして頂きました。

施工は半日で終わらせて貰いました。

私が乗っている車はホンダステプワゴンスパーダの平成24年式で外見が最初とはガラリと変わり、自分の車では無いんじゃ無いかと思う程で、車内も確認したらさすがプロと言う仕上がりで空気も入って無いし、しっかりと貼ってありました。

仕上がりも車も印象も変わったので値段以外は満足です。

マークXのカーフィルムをオートバックスで貼りました

私はサービス業で働いている32歳です。

車種はトヨタ・マークX 2012年モデルを乗っています。

今回はオートバックスでフィルム施工を依頼しました。リアガラス3面を施工しました。

透過度5パーセントのかなり濃いフィルムで、耐熱性能が標準のスタンダードタイプを選びました。

料金はフィルム代、施工代込みで35000円でした。

仕上がりは大変満足のいくものでした。

気泡は全くありませんし、位置合わせもピッタリでした。

私の行っているオートバックスではカーフィルム施工時に無料で代車を貸してくれたので助かりました。

長時間店内で待つことが無くて良かったです。

開店と同時に車を預けて夕方に取りにいくと既に出来上がっていました。

フィルム施工は値段が高いですが、その分オートバックスポイントも付与されたので、他のカー用品の購入に充てることが出来ました。

フィルムの仕上がりは大満足なのですが、自分の車に乗り込んだ際に、ラジオが流れ、エアコンも付いてました。

私は車を預けた際にはラジオもエアコンも切ったので、おそらくスタッフが作業中に点けてそのままにしていたのだと思います。

全く知らない他人に自分の車の不要な操作はしてほしくないので、そこは気をつけて欲しいと思いました。

ジムニーのカーフィルムを貼ってもらいました

ひさびさにオートバックスでカーフィルムを貼りました。

最近の車は、ほぼプライバシーガラスになってますので、カーフィルムの施工などはだいぶ減ったと思いますよね。

中には、プライバシーガラスの上にカーフィルムを貼る方もまれにいますが、以前知り合いがカーフィルムを貼ったといので、見たのですが、外からはほぼ中は見えないぐらいの濃さになっていました。

エアコンはだいぶ効くと言っていましたが、夜間は中から外も若干の見づらさはありましたね。

今回、カーフィルムの施工をしたのは、平成6年式のジムニーにカーフィルムを貼りました。

この年式のジムニーには、プライバシーガラスなんかはもちろん入っていませんので、今回の施工にいたりました。

フィルムについては、断熱UVカットフィルムの透過率5%の1番濃いフィルムを選びました。

元がプライバシーガラスではないので、ぜんぜん問題はありませんでした。

貼ってもらった場所は、リアガラスと後ろサイドの2面で、合計3面の施工をお願いしました。

フィルム代込みで22.000円でした。

仕上がりは、やはりプロの方が貼ってくれるので、もちろんキレイです。

仕上がりは良かったのですが、あとで調べたら、カーフィルム業者に頼んだ方が安かったのに気づきました。

次からはちゃんと調べてから頼もうと思います。