車検切れの車を売る事は出来るの?

自動車を運転するなら、定期的に車検を受ける必要はあります。安全面に大きく関わってくるからです。そして車検を受けていなくても、車は売却できます。

まず車検を受けてから車を売却すべきという考え

車検の目的は、車の安全確認です。

万が一の事があると大変ですから、車の安全性は問題ないかどうか、様々な観点から確認される事になります。

車売却をする際には、車に関する様々な状況を確認される事になります。年式や状態なども確認される訳ですから、上述の安全性が気になってしまう事もあります。

仮に車検が切れていれば、様々な問題が生じる可能性もあるので、切れていては売却が難しいという発想が浮上する事もあるのです。ですから人によっては、まずは車検を通してから車を売却すべきだと考えています。

たとえ車検が切れていても売却できる

車買取店は、多彩な状況に対応してくれる傾向があります。

たとえ車の状態が若干微妙でも、基本的には買い取ってくれるのです。

それは車検も例外ではありません。確かに車検が切れている車の場合は、お店からの評価は若干低くなる傾向があります。

しかし車検が切れているからと言って、売却不可能という意味ではありません。

現にそれが切れている車を、買取店に持参してみた結果、最終的には売却が成立している事例も多々あります。

車を売るタイミングは車検が切れる前と車検を取った後どちらがいいの?

車を売る時には、タイミングが重視される事もあります。適切な時期に売却する方が、価格も高まりやすいと見込まれるからです。

それだけに、人によっては車検を意識しています。

車検前にすべきか車検後にすべきか

車によっては、そろそろ車検が切れそうになっている事もあります。例えばあと1ヶ月も経過すれば、車検が切れそうな状況です。

その際には、2つの選択肢があります。車検が切れる前に売却をするか、改めて車検を取るという、二択になる訳です。

ですから例えば、今すぐに売却をする選択肢はあります。

あと1ヶ月すると車検が到来してしまいますから、早めに売却するのが望ましいという考え方に基づいて、早めに売る訳です。

もしくは、あえて車検を通してから売却をする選択肢もあります。なぜなら買い取り価格に反映されると見込まれるからです。

そもそも買取業者としては、車の状況に応じて、買い取り価格を算出しています。状況が少々厳しい車では、価格も低めになる傾向があるのです。年式が古い車ですと、確かに買い取り価格が下がる傾向があります。

それで車検に通っていなければ、買取店からの評価が下がってしまうという考え方もある訳です。車検が通っている以上は、安全確認が取れている事にはなるからです。

もちろん買取店としては、できるだけ無難な車を望んでいる傾向があります。車検に通っていない車は、買取額が微妙になる可能性もあるので、まずは車検に通すべきだという発想もあるのです。

車検を受ける時はお金を払う事になる

車検を受ける際には、そこそこまとまった費用を支払う事にはなります。

車には様々な維持コストがある訳ですが、車検もその1つです。

車検の料金がどれ位になるかも、状況次第ではあります。ただ全体的な状況を俯瞰する限りでは、おおむね10万円前後になる傾向があります。

車を売却する際には、この負担額が1つのポイントになる訳です。

赤字になってしまうので車検前のタイミングが良い

確かに買取店からすれば、車検が通っている車の方を歓迎する傾向はあります。

ですから車検後の車は、車検が切れる前の車と比べれば、若干買い取り額は高めになる訳です。

それが気になるので、多くの方々は車検を通すべきだと考えています。

しかし買い取り額が高まると言っても、極端に大きな数字ではありません。

お店によっても異なりますが、数万円以下にとどまるケースが殆どです。

車検を通してみた結果、買い取り金額は3万円ほど高まるとします。

しかし車検の料金が10万円である以上は、明らかな赤字になってしまう訳です。

単純計算で、7万円の赤字になってしまいます。

そもそも買取店からすれば、車検に通っているか否かは、あまり重要な問題ではありません。

それよりも走行距離や年式などの要素が重要視される傾向があります。

重要度があまり高くない以上は、車検を通してしまうメリットも低い訳です。

ですから車検前に車を売却するのがおすすめです。

車検切れの車を一番高く売る方法は?

車検切れの車が高く売れるか否かは、方法次第です。

車検切れの車に限った話ではありませんが、車を売る方法は複数あるのです。

それぞれ売却額に関する違いもありますが、一番高く売りたいと望んでいるなら、一括査定がおすすめです。

検切れの車を売る色々な方法

車を売る場合、多くの方々はディーラーをイメージしています。

今まで保有していた車をディーラー店に提示すれば、下取りを行ってくれるからです。現にディーラー店に車を売っている方々も、大変多いです。

しかし、ディーラーだけが唯一の手段ではありません。その他にも、買取店に持ち込む方法もあるのです。買い取り専門店に車を持ち込んだ上で、査定を受けてみる手段もあります。

そうかと思えば、一括査定という手段もあるのです。一度に多くの買取店に依頼できるメリットがありますから、多くの方々が活用しています。

売却額はやや低くなる事が多いディーラー

車検切れの車を売る時には、上記の複数の方法の中では、ディーラーは余りおすすめできません。なぜなら、総じて売却額が低めだからです。

ディーラーというお店は、確かに新車を販売するノウハウは豊富です。ですから多くの方々は、よくディーラーで新車を購入しています。

しかしディーラーは、車売却にはあまり詳しくない事も多いのです。どちらかといえば販売に特化しているお店になります。

それで車の売却額は、総じてお店側の知識に左右される訳です。知識があまり多くないお店ですと、どうしても売却額が低くなってしまう傾向はあります。

ですからディーラー店では、車検切れ車の売却額は若干低めです。

持込査定では高額売却は期待できるのか

上述の様々な方法の中では、持込査定も悪くはありません。

しかしお店によっては、若干安くなる可能性もあります。

確かに買い取り専門店の場合は、ディーラーよりは売却額も高くなる事は多いです。

ディーラーと違って、売却の知識が豊富だからです。

ですが、それもお店に左右される訳です。お店によっては、若干買い取り額が低くなってしまう事例もあります。

必ずしも高額売却が成立するとは限らないのです。

買い取り価格が高くなりやすい一括査定

車を一番高く売却したい時には、一括査定が一番おすすめです。

それには複数の理由があります。

一括査定は、複数のお店に査定依頼できるのです。

わざわざ1つ1つのお店に依頼していくではなく、一気に多くのお店に連絡できます。

その都合上、一括査定を経由して査定を受けますと、ライバル感が生じやすいのです。

車の買取店は、お互いライバル意識を抱いている傾向があります。

他のお店に負けないようにする為に、査定額も高くしてくれる傾向があるのです。

上述の持ち込み査定と比べても、総じて買い取り価格は高くなる傾向があります。

また一括査定のサイトの場合は、最初から高い金額が提示される傾向があり、持込査定の場合は、様々な交渉を重ねなければ、なかなか査定額が高くならない事も多いです。

しかし一括査定の場合は、他社との競争意識が生じる都合上、早い段階で高い査定額が提示される傾向があります。

これらの点を考慮すれば、結局は車検が切れた車を売却したい時には、一括査定を活用するのがおすすめです。

あまり手間も大きくありませんし、前向きに検討してみると良いでしょう。